宝珠で叶える!日々のヒーリングはこれにまかせよう

は~!今日もよく働いた!家族の食事を作ったり健康のフォローをしたり、仕事先では同僚や上司に配慮をしながら業務をこなす。そんな風にがんばっている自分や家族に、毎日ちょっとしたヒーリングをしてみると翌朝がちょっと変わってくるかもしれません。誰もが知っている「あの形」を、自分で手軽にヒーリングに応用する方法を、ご紹介します。

日頃行っている行動を思い出してみましょう

あなたが主婦であれば、家族のために作るお料理やお弁当は、実はヒーリングのような部分があります。
ヒーリングというのは、そもそも誰もが行えることで、手のひらからその気がでています。
夫婦喧嘩をしたあとに、「旦那こんちくしょう!」とイライラしながら作ると、その食事にはその思いの波動が注入されてしまいます。
目に見えないレベルで、素材が悪いものになっていたり、味覚として感じないレベルで味に変化が起きたりする可能性があります。
では逆にニコニコと幸せな気持ちでお料理を作ったらどうなるでしょうか。
きっとそのお料理は想像しているよりも味がよくなり、食べる人を元気づけることになるでしょう。

これと同じように、家族をマッサージしたり職業として他者をマッサージするような場面のときに、「思い」を意識してみるといいと思います。
例えば、マッサージをしてあげるときに観音菩薩をイメージしてみましょう。
観音菩薩のことを詳しく知らなくても問題ありませんよ、観音菩薩という存在そのものがエネルギーですので。すると、そのマッサージには観音菩薩のエネルギー(波動)が乗ることになり、「観音菩薩のマッサージ」という名前をつけたくなるような波動の施術となるでしょう。

日頃、無意識に行っている行動も、思いひとつで素晴らしいヒーリングになります。
相手へ行うだけじゃなく、もちろん自分自身が調子の悪いとき作るお粥にも「元気になろうね」という思いのもと、作ってみるといいでしょう。
その思いをさらに増幅させることのできる、宝珠を使うとさらにパワーアップ!

あなたは「宝珠」を知っていますか?

寺院などにいくと、必ずと言っていいほど視界に入っている宝珠。
お寺の屋根の一番上に”先が尖ったまるいもの”がついていたり、橋の欄干に目をやると同じように”咲き我尖っているまるいもの”がついていると思います。
これらは、よっぽど興味がない限りは流してしまうようなものかもしれませんね。
まるでゲームに搭乗する「スライム」のような宝珠ですが、実はとてもパワフルな形をしています。
もとは、観音様が持っている如意宝珠で、苦悩を取り去って幸運を呼ぶとされています。
地蔵菩薩様、虚空蔵菩薩様、如意輪観音様が手に持っています。
宝珠を手にすれば、多くの財宝を得ることができるようになり、毒におかされず、火にも焼かれないといわれてるそうです。しかも、宇宙へ念を送りやすくなるともいわれているので、願いも叶うと言われているようです。
この宝珠を手にして、日頃感謝していることを口にしてみましょう。そしてその後にお料理やマッサージをするといいでしょう。宇宙へ放出されたプラスの念が、あなたに愛のエネルギーとなって降り注いできます。その状態で物事を行うと、それらにその波動が転換されて、よい結果となってくるでしょう。

お金をかけずに宝珠を入手する方法、あります!

宝珠を実際に手に入れようとすると、少なからずお金が必要となります。
パワーストーンで作られた宝珠や木製の宝珠、金属製の宝珠などいろいろとありますが、そのどれもが対価として費用がかかります。
できる限りお金をかけずに・・・欲を言えば費用ゼロで!という思いもありますよね。
では、その思いにこたえましょう!宝珠をいますぐこの場で手に入れる方法。
それは、両手で印を結ぶことです。
お坊さんを思い出してみてください。両手で「輪」のようなものを作っていますよね。
親指の先を上に向けた状態で輪をつくり、印を結びます。
これが宝珠の形となり、あなたの祈願に使ったり瞑想のときに使ってみるといいでしょう。

おわりに

普段何の気なしにしている料理やマッサージなどのときに、願いを叶える宝珠を使うことでヒーリング効果はパワーアップします。想念は現実を呼ぶとされますが、日々行うことで具現化は加速するはずです。可能な限り宝珠を使ったヒーリングを意識してみるといいでしょう

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る