無添加や自然派コスメとオーガニックコスメは意味が違うことを知っていますか?

無添加や自然派コスメとオーガニックコスメは意味が違うことを知っていますか?

ここ数年、よく聞いたり、目にすることが増えた「オーガニック」や「オーガニックコスメ」。その印象は「身体やお肌にも良さそう」「刺激がなく優しそう」といった印象があると思います。
コスメの他に食品などでも「無添加だから」「自然派だから」「オーガニックだから」と選ぶことも増えたのではないでしょうか?

これらのイメージに共通するのは「身体に優しい」といったイメージはあっても、全くの別物。その違いをきちんと知っておくことが大切です。

オーガニックとは有機栽培によって育ったもの

「オーガニック」とはそのまま直訳すると「有機の」という意味であり、「オーガニック食品」「オーガニックコスメ」は「有機栽培によって作られた植物を使って作られた食品やコスメ」ということです。

有機栽培とは、化学肥料や農薬を使わず代わりに有機肥料(堆肥、油かす、牛糞など合成成分を使っていないもの)を使用して土に栄養を与える方法です。

一般的な農薬を使った場合よりも手間がかかったり、虫や疫病にもかかりやすいため、スーパーや一般市場に出る農作物は数が少ないため、単価も上がってしまうのです。

無添加や自然派、天然由来は全てがオーガニックという意味ではない

無添加や自然派、天然由来と記載されている商品は身体やお肌に優しい、不要なものは含まれていないというイメージではありませんか?

「無添加」というのは、人工的な化学物質である防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などをほどんど配合していないものという意味であり、合成成分が一切使われていないということではなく、旧厚生労働省が指定したアレルギー反応を引き起こす危険成分を省いたものが商品化されているのです。

「自然派、天然由来」というのは植物などから抽出したエキスなどの天然成分を数パーセント配合することで商品化されているものです。

こういった無添加や自然派、天然由来といった表記はあくまでも加工の仕方や配合方法を意味するものです。

極端に例えれば、オーガニック化粧水とは有機栽培で育った植物から抽出したエキスと水を足したものであり、他のものを一切入れずに出来るものということです。

じゃあ手作りしないといけないの?お肌にとってどうなの?

一般市場で販売されているものに合成成分が配合されているからといって、全てを避けるわけにもいきませんよね。それに、使用したからといって「お肌に悪い」というわけでもありません。無添加や自然派、天然由来などのコスメそれぞれ、お肌へのダメージを極力抑えて作られています。

「オーガニック」という言葉やライフスタイルが流行しているからといって言葉だけを覚えるのではなく、どのようなものを選ぶのかがポイントとなります。

有機栽培で作られた植物などに余計な成分が入っていないものを選ぶのか、原料の育った環境はわからないけれどコストパフォーマンスがよく、安心なものを選ぶのか?をきちんと意識し理解しておきましょう。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る