【占いの徒然】水瓶座ってどんな人?真っ直ぐな気持ちの持ち主!

占いでは定番の12星座!一般的な星占いは「太陽星座」が主流。
生まれた時に太陽が位置していた星座が、その人の「太陽星座」となります。
今回は、12星座の中で「水瓶座」にクローズアップしてみましょう♪

水瓶座の性格は、繊細な大胆さ!

水瓶座は、こういう人!と決められないほど多彩で多様な面を持っています。
おっとりとした穏やかで明るい雰囲気で、とても繊細で大胆には見えないのに、急な大決断で驚きの行動を起こしたりなど、予測のつかない魅力がある人です。

逆境に強いタイプですが、立ち上がるまでには自分の中に全てを溜め込んで、じーっと耐えます。
苦悩の一面をあまり表に見せません。
悩んでいることを積極的に相談するというより、自分で超えていくという選択をします。周囲からは、悩みもなく、幸せそうで、前向きな人だと思われることも多いでしょう。
本人にしてみれば表に見える姿と内側のギャップに戸惑いもあるのですが、周囲にそう思われることで救われる部分もあり、周囲の期待通りに過ごすこともしばしば。

根本的に人を嫌うということが苦手です。
自分自身も変わり者だという自覚が少なからずあるので、いろんなタイプの人間がいて当たり前という気持ちがあり、他者の特徴を認める範囲は広いほうです。でも、だからと言って仲良くなるわけではなく、ある程度の距離を持って接します。
本当に心底からの親友と思えるまでには、関わりに長い時間をかけて、水瓶に少しずつ水を溜めていくように信頼を積み重ねていく人です。

水瓶座の仕事は、組織の中でも個人主義!

根本が自由人で感性豊かな水瓶座ですが、お堅い仕事でも、その中に面白さを見つけてコツコツ取り組みます。
しかし、組織に縛られた考えの中でしか仕事が出来ないとなると、とたんに窮屈さを感じて、心身にも影響が出てしまう程のストレスを感じます。
組織に属しながらも、個人主義で個性を重んじます。
金銭を得るだけではなく、自分の発想が生かされたり、新たなチャレンジが出来る環境だと、俄然と才能を発揮します。

他者同士の意見相違や争いは遠巻きに冷静な目で見ている面があり、中立的な立場でいることが多いため、仕事上では相談を受ける事もしばしばあるでしょう。
ほどよい中和剤となり、チーム内を円滑に運ぶキーマンになることがあります。

水瓶座の恋愛は、精神の繋がりを求める!

水瓶座は、男女ともに摩訶不思議な空気感があるので、異性からは謎めいているように見えることがあります。
知れば知るほど奥が深い感じがするので、相手を夢中にさせます。
魅惑というよりも、つかみどころがない魅力というイメージ。
つかめそうで、つかめないというのが良いのです。

知的センスがある水瓶座は、パートナーと精神の繋がりが高い状態を望みます。
お互いに問題解決のためにしっかりと話し合うことが出来る相手なら、とても長く交際を続けていくことが出来るでしょう。
アバンチュール的な関係は好みません。
相手に対して、とても安心を感じられることが、恋愛の条件とも言えるでしょう。

水瓶座の弱点はココ!

思い込んだら真っ直ぐで、それが正しいと信じて疑わないというところがある水瓶座。
この部分がネガティブに働くと、誰の言う事にも耳を貸さない頑固さになってしまいます。
あるべき正しい道に対して真っ直ぐなときは、周囲との関係も良好で楽しいのですが、間違った方向に真っ直ぐになってしまうと、軌道修正に時間がかかります。
結果、孤立してしまったり、周囲に呆れられてしまうことも。
信じることは大切なことですが、他者のアドバイスもしっかりと受け止めて、少し客観的に自分の思考と向き合ってみると良いでしょう。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP