本質を変容させてくれる。パワーストーンの相性は重要

「わたし、出会いが少ないから恋愛運アップのパワーストーンが欲しい!」とか
「仕事運アップを狙いたいから、それに効果のあるパワーストーンを買った」という話しを耳にします。
しかし、パワーストーンのエネルギーを応援団にするには、とても大切なポイントがあるのをご存知でしょうか。今回はパワーストーンとの相性によって、人の本質をプラスに変容させてくれるお話しをご紹介します。

欲しいパワーストーンと持つべきパワーストーンは違う

冒頭でお話ししましたが、恋愛運アップのパワーストーンや、仕事運アップのパワーストーンなど、パワーストーンにはそれぞれの得意分野があるのは事実です。
とはいえ、恋愛運アップのパワーストーンだからといって、持てば必ずどんな恋愛も勝ち取る!というわけではありません。もちろん仕事運にしろなんにしろです。
ではなぜそのように言われているのかというと、そのパワーストーンが放っている波動に由来しているようです。恋愛運によいとされているローズクォーツは、その見た目の柔らかいピンクに由来した優しく包み込むような波動が放たれているといわれています。ということは、ローズクォーツを持つことによって、持ち主の波動と相乗効果を生み出し、望むような結果を引き寄せているのではないでしょうか。
じゃぁ、やっぱり恋愛には恋愛運に強いパワーストーンを持てばいいってことよね!
と、思うかもしれませんがそうではありません。
私は先ほど“持ち主の波動と相乗効果を生み出し・・・”とお話しをしました。
持ち主の波動と相性が悪かったらどうでしょうか。相乗効果というのは、互いに作用しあうことを言いますから、相性がよくなければ反作用することになってしまうのです。

自分の性格をどの程度知っていますか?

反作用するパワーストーンではなく、作用しあうパワーストーンに出会うにはどうしたらいいでしょうか。それは「自分の性格をどれくらい把握しているか」によって異なります。
好きな人がいて、その恋愛がうまく行くことを願うのだったら、単純にその波動を放っているパワーストーンを購入しよう!と思うわけですが、そのためには相手を引き寄せる波動を自分が放たなければ話しになりません。自分の性格が、割りと猪突猛進気味だったり押しの強い性格の場合には、おそらく恋愛運アップに良いとされる柔らかな波動のパワーストーンは負けてしまうでしょう。
結果、猪突猛進や押しの強さがそのまま相手に伝わることになりますので、それが苦手な性質の人であれば、その恋はうまくはいかないでしょう。
どうしたらいいのかというと、パワーが強い性質の人は恋愛運うんぬんの前に、その性質をおだやかに変換させてくれるパワーストーンを選んでしばらく持つようにするといいですよ。
グリーン系やブルー系は、精神を穏やかにさせてくれる波動を持っていますので、その波動に引き寄せられた数日を過ごすことで、本質を変容させてくれるでしょう。

穏やか波動に変換させてくれる、オススメパワーストーンの一例

では、性質を穏やかに変換させたい場合のパワーストーンをご紹介しましょう。

・アベンチュリン(グリーン)(ブルー)
・フローライト(グリーン)(ブルー)
・モスアゲート
・アズライト
・アパタイト
・ラリマー

逆に、普段から物怖じするようなおとなしいタイプの人もいるでしょう。
そういった人には、勇気を持って行動することができるパワーストーンがいいでしょう。
自分の性質がもつ波動とパワーストーンの波動が相乗効果を発揮して、ちょうどよくなるはずです。

・アイオライト
・フォスフォシデライト
・ルビー
・サードオニキス
・アベンチュリン(オレンジ)
・カルサイト(オレンジ)

おわりに

なんでもかんでも店先で紹介されているパワーストーンを買えばいい、というわけではないということがわかりますね。相乗効果を生み出して願いを叶えるためには、自分の性格を把握しておくことが、大切なポイントだといえそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る