パワーストーンが自分を呼んでいる?夢でのメッセージ

一日の疲れを癒やす睡眠。この睡眠中に夢をみることって、よくありますよね。
カラーの夢やにおいまでかわる夢など、いろいろありますが、あなたの夢の中にパワーストーンが出てきたことはありませんか?オハナは、実はパワーストーンの夢にまつわるとても不思議な体験をしたので、お話ししたいと思います。

夢の中に出てくる、その意味

たとえば、好きな人や知っている人が夢に出てくることがありますよね。
それは顔を知っているから特に不思議なことというのは感じないものです。

しかし、まったく知らない人が夢に出てきた経験はありませんか?
いくら考えても、どこかで会った記憶がなくてどこの誰なんだろう・・・と、気になったり。
知らない人が夢に出てきた場合には、その人の姿を借りてあなた自身が自分を客観的にみつめ、そのメッセージを届けに来た、という考え方ができます。
夢に出てきた見ず知らずの人、それはあなた自身であり、客観的にどう考えるかを伝えにきているともいえます。

では、人物ではなくて物質的なものだったら?
しかもかなり印象深い登場の仕方だったら忘れようにも忘れられませんよね。
実はオハナの夢に透明感のある薄いピンク色のパワーストーンが出てきたことがあります。
それは結晶状態のもので、庭の周囲にその石をものすごいたくさん埋めるというものでした。
しかも薄いピンク色のものだけじゃなく、薄いグリーンのものも。
そのふたつは同種のものである、ということまで夢の中でわかっていました。
家の周囲(庭)にそのパワーストーンを埋める・・・どういうことだろう?と、目が覚めても気になって仕方ない。

その話しを友人にしたところ、こんなことを言われました。
「それ、クンツァイトじゃない?」
クンツァイト?!初耳だったわたしは、即座にそのパワーストーンについて調べまくりました!

クンツァイト

クンツァイトは、1902年にアメリカのカリフォルニア州で発見された比較的新しいパワーストーンだそうですね。クンツァイトの語源については、アメリカの宝石学者である「クンツ博士」に由来するといわれています。
クンツァイトは、『スポデューメン』(鉱物名)の一種といわれており、特にピンク色のものをいいます。(これです!)

色はピンクやバイオレット、グリーン、イエローなど豊富なカラーがあるということなので、画像をみてみると、夢でみた薄い透明感のあるピンク色だし、透明感のあるグリーンでした!
でも、なぜクンツァイト・・・?と、思い調べ進むとそこには「自分への愛と他人への愛」とありました。それに、ネガティブな感情を前向きにさせてくれるのだと。
クンツァイトって、傷ついた心に寄り添ってくれるだけじゃなく、応援してくれるパワーストーンなのだと初めて知ったのです。

クンツァイトのパワーは本物だった

これをみて、愕然・・・。オハナはその当時、とてもつらいことがあり精神的にボロボロだったのです。
自分をもっと大切にして愛することが必要だ、といわれているようで、すぐにクンツァイトを探しました。
薄いピンク色のクンツァイトの原石のネックレスを1つ。

どこへ行くにも必ず身につけて行動していると、不思議なことに友人から「これ、いる?」と別のクンツァイトのネックレスをプレゼントされたのです!
合計2つのクンツァイトがわたしのもとにやってきました。びっくりです。
必然というのでしょうね、夢に出てきたパワーストーンがメッセージを運んできただけじゃなく、パワーストーンそのものがわたしの元へやってきた。これはとてつもない「心強い応援団」でした。
結果的にいうと、わたしは徐々に気持ちが軽くなり、悲しんでばかりいる自分と決別をすることができました。

おわりに

夢とひとくちにいっても、そこにはいろいろなメッセージが隠されているのかもしれませんね。
一夜の夢に左右されてしまうのは、決していいことではありませんが、もしパワーストーンがプラスの状態へいざなってくれるのであれば、その道しるべに沿ってもいいのかもしれません。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る