不思議のメダイで願いを叶えながら浄化しましょう

あなたは「不思議のメダイ」を知っていますか?もしくは、聞いたことはありますか?
小さなメダルに、マリア様の姿が描かれているのですが、ひところとても多くの人が身につけていましたね。今回はこの「不思議のメダイ」の浄化作用について、ご紹介したいと思います。

不思議のメダイってなぁに?

メダイというのはフランス語で、メダルのことです。
なぜマリア様が描かれているメダルが「不思議のメダイ」と呼ばれているのか、というと、話はかなり昔に戻ります。1830年7月18日、パリのバック通りにある修道院で働くカトリーヌ・ラブレさんは、子どもの声で朝目が覚めました。そしてそこで聖母マリアを目撃したのです。
その後同年11月27日、カトリーヌは夕方の黙想の時間に聖母マリアを再び目撃。その時にマリア様が「わたしのイメージをメダルにして身につけなさい。それを身につける人は大きな恵みを受けるでしょう」と話したということで、幾年かを経てから大司教からの許可を得て、メダイが作られたのだそう。
しかも、このメダイを身につけ聖母に取り次ぎを願う人々に、いろいろな奇跡の恵みが起きたことから、「不思議のメダイ」と呼ばれるようになったのだそうです。

不思議のメダイにはいろいろある

不思議のメダイには、いろんなマリア様が描かれています。デザインも異なるものがありますね。
アクセサリーとして使っている人もいますが、実は本物とそうじゃないものがあるのをご存じですか?
本物が欲しいのであれば、教会で求めるか教会やカトリック教具ショップで買い求めるといいでしょう。
この際に、司祭に祝別をしてもらうと安心かと思いますが、祝別していないからといってそれが不思議のメダイとして成り立たないかというと、決してそういうわけでもないそうです。
祝別とは、神の祈りの道具として働いてくれるように祈って貰うことです。
神道でいうと、ご祈祷というところでしょうか。

カトリーヌに見せたマリア様の姿がメダイのモチーフになっているわけですが、それを簡単に説明してみると・・・。
マリア様が楕円形の枠の中で地上に立ち、悪の象徴である蛇を素足で踏み倒しています。そして広げた両手からは慈悲の光が地上の人々に放たれているのが、表側のモチーフです。
楕円形の周囲には、「原罪無くして宿り給いし聖マリア、御身に寄り頼み奉るわれらのために祈り給え」とラテン語で書かれています。

祈りは心の浄化となる

不思議のメダイを身につけていると、大きな恵みを得られる・・・と言われていますが、ただアクセサリーのように身につけているだけでは、やはりその恩恵はなかなか得られないようです。
恵みを得たいのであれば、不思議のメダイを身につけるだけではなく、マリア様へのお祈りが必要です。

「 原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身に依り頼み奉る我等の為に祈り給え」
と、できれば声に出してメダイを手にしながら祈りましょう。
そうです、この祈りは楕円形の周囲にあるラテン語なのです。

そもそもですが、私たち日本人は神社仏閣へ足を運んだとき、必ずといっていいほど祈りを捧げますよね。日々の感謝を述べつつ、どうぞお守りくださいと願うはずです。
そういったとき、多くの人の心は新たにリセットされて、心機一転前へ進む一歩となるのではないでしょうか。祈りは浄化への第一歩です。これは間違いないでしょう。

おわりに

不思議のメダイを入手したら、祈りを捧げて大切に身につけましょう。
日々の暮らしの中に祈りを取り入れることで、心の浄化が進んで目の前の霧がぱぁっと晴れる日が来るかもしれませんよ。そうしたらまた、メダイに感謝の祈りをしましょうね。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る
PAGE TOP