悪縁を絶つのも、浄化のひとつ

人と人や、人と物事などなど、この世は「縁」で結ばれています。
それはきっと特に願ったわけじゃないのに、運命なの?といいたくなるような感じかもしれません。
けれど悲しいかな、縁には「良縁」と「悪縁」があり、私たちの人生はそれによって突き動かされる部分があります。
今回はその中でも「悪縁」と「浄化」についてお話ししようと思います。

すべての縁がいいものとは限らない

出会うものすべてが、自分にとってばら色の人生を引き寄せてくれるのなら、悩みなんてなくなると思います。それまでは「運命の人だわ!」と思っていたはずの人が、あるときを境に悪魔のような存在に変わってしまうことだって、珍しくありません。
それは、職場でも恋愛関係でも友人関係でも、すべてにおいていえることでしょう。
自分にとっていいモノだけを運んでくれる人や物事ばかりではない、ということになります。
そりゃそうです。とても大好きな人とお付き合いをしていても、喧嘩をすれば気分が悪くなるし腹が立つことだってありますよね。
すべての物事は流動的、ということになります。

悪縁を断ち切ると、身も心も軽くなる

誰かにとって良縁でも、あなたにとっては悪縁というものも必ず存在します。
しかも、それが原因で毎日考え事をしてしまったり、気分が落ち込んでしまうようでは、日常生活に悪影響を及ぼしていることは間違いないですよね。
悪縁を断ち切ることで、あなたと誰か、またはあなたと物事が繋がっていた鎖を切ることができます。
エネルギー的なリンクがなくなるので、思考的に支配されることもないでしょうし、現象として現われることもなくなるでしょう。
なにものにも影響されない生活は、きっと羽がはえたように軽く過ごしやすくなると思います。

悪縁を切る方法

悪縁を切る方法にはいくつかあるのでご紹介しますね。

■縁切りスポットに足を運ぶ
参考として、多くの人が悪縁を断ち切るために次のようなパワースポットに行ってます。

《豊川稲荷東京別院》
「稲荷」とありますが、正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺(とよかわかくみょうごんじ)」といい、曹洞宗の寺院で、決して神社ではありません。
芸能関係の方もよく訪れることで有名ですが、なんと!縁切りとしてもかなりの力をもつ仏様がいらっしゃるそう。その仏様とは、豊川稲荷東京別院内にある「叶稲荷」です。
叶稲荷様は、困難よけの守護神であるとともに、すべての悪縁を断ち切り、災いを取り除いてくれるんだそうです。しかも、それだけじゃなく、開運招福を授けてくれるというのだから、行かないわけにはいきませんね。

■ホワイトセージを利用する
ホワイトセージを火でいぶし、その煙の前でどのような悪縁を断ち切りたいかを念じます。
具体的な名まえや状態が言えれば尚よいそうですよ。
そして、ホワイトセージの煙を時計回りに自分の目の前でまわし、悪縁を吸収して摘み取ります。
最後までホワイトセージが燻されたら、「これによって悪縁を断ち切り、平穏を手に入れました」と宣言して終了します。

悪縁を断ち切らないとどうなるの?

それはもういわなくてもわかる状態に陥るのではないでしょうか。
いつまでもそのことが頭にこびりつくでしょうし、そうなれば毎日が楽しい気分ではいられなくなってしまいますよね。
自分にとってマイナスにしかならない状態と、エネルギー的にリンクしあっていると、あちら側のエネルギーに干渉されて心もからだも悪影響を受けてしまいます。
なんとなくからだがだるいとか、わけもなく人を腹立たしく思ってしまうとか、イライラするとか。
そうなると食事も美味しいと感じなくなって、ますます悪循環に陥ります。

おわりに

必要なのは、自分にとってプラスのエネルギーです!
悪縁を断ち切って、一緒にいると気持ちが上がる人たちと過ごしたり、物事にチャレンジしてみることが浄化に繋がるのです。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る