楽しく浄化♪ルカスの守備範囲は広いんデス!【住居編】

あなたは「浄化」と聞いたら一番初めに何を思い浮かべますか?
昔ながらのところでいくと、旅先で宿泊のために暖簾をくぐった旅館や、ふと立ち寄ったお店の入り口付近に粗塩が盛られているのを目にした経験はありませんか?
盛り塩の役目は、厄除けや魔よけなどといった災いから身を守ってくれるんです。
いいものを引き寄せ、悪いものを避ける。
わたしたちは昔から、そうやって生活の一部として取り入れてきてるんですね。

良い風習であれば、取り入れて過ごしていきたいものですが、仕事や家事、子育てなどに追われてなかなかそういったことに費やせる時間もなさそうですよね。
そんなときに、手軽であることはもちろん浄化作用も期待できるものがあれば最高じゃないですか?
となれば、やはりおすすめしたいのが「ルカス」です。

ルカスには浄化スプレーディフューザー、そしてジェルキャンドルがあります。
今回は浄化スプレーを実際に使ってみて、果たしてどんな感じなのか?ご紹介したいと思います。
 

ミストの粒が気になる・・・。という方、ご安心を!

ルカス浄化スプレーは、パワーストーンとハーブウォーターで仕上がっています。
だから余計な成分に不安になることもありません。
しかも、スプレーって実際に店頭でシュッ!としてみないと、不安じゃありませんか?
ミストの粒が粗いと、スプレーしてもすぐに落下してきて空間に広がらない・・・。
そのうえ、大きな粒で床が濡れてしまいますよね。

でも、ルカスなら心配御無用!細かい粒子のミストなので、浄化させたい空間に気持ちよく広がるのがわかります。
もちろん床を濡らす心配もありませんよ。
ガラスボトルも、手のひらにぴったりはまる大きさなので、持ちにくいということもありません。

実際にやってみた。浄化のあれこれ

盛り塩もそうなんですが、やはりポイントとしては「玄関」「トイレ」が一番多いですよね。
それはやっぱり、人の出入りが激しい場所であるということと、不浄な場所であるということが言えそうです。
実際、風水でも玄関は良いものも悪いものも入ってくる場所と言われています。

ただし、良いものが入ってくるには条件があります。
それは清浄であること。綺麗な空間でなければ、良いものはやって来てはくれません。
お正月に玄関を綺麗にして、お花を生けて鏡餅を置き、玄関先には注連飾りをするのが慣わしですが、それにはちゃんとした理由があるからです。
年神様をお迎えするために、「こちらが入り口ですよ~」と注連飾りをし、さらには「どうぞこちらからお入りください~」と玄関を清浄に保つ。

こうした玄関からは、悪いものは入ってくることができないんです。
ということは、逆も然りです。玄関を汚していれば良いものが入ってきませんが、かわりに悪いものがドンドンやってきます。
トイレも同じことが言えます。
ですから、こういった場所は特に清浄にしておく「気配り」が必要になってくるんですよ。
盛り塩であれば、定期的に正しい処理をして新しい粗塩で型ぬきをして盛り塩をしなくてはいけませんよね。
でも、ルカスなら片手で瞬時に浄化させることができます!
下準備は不必要!シュッ!シュッ!で、その空間がクリアになっていくのが実感できます。
ためしに、ルカスを使用するまえにその場でつばをごっくんと飲み込んでみてください。

次にルカスを使用したあとに、その場でごっくんと再び飲み込んでみてください。
ルカスを使用したあとのほうが、飲み込みやすいはずです。
それは、あなたの体が「浄化が済んだよ」と教えてくれているからです。
もし、ルカスを使用したあとでも飲み込みづらさを感じたら、もう少しスプレーしてみてくださいね。
これは波動テストの一環で、ルカスに限らず食べ物でも行うことができます。

ちなみに、ルカスの香りはさっぱりとした「微香」タイプ。
人口的な香りが苦手な人でも、気に入って使っていただける香りです。
そのうえ、持ち歩きに便利な「ルカスポケット」も登場!
さっとバッグに入る手軽なサイズなので、職場や旅行先で気になるときに浄化することができるって、嬉しいですよね!

ライター:オハナ(OHANA)

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る