絶対に許せない人がいるあなたへのチャネリングメッセージ

スピリチュアルな世界から、悩みを紐解きましょう。
あなたの深い意識に入り、チャネリングメッセージをお届けします。
今回は「絶対に許せない人がいる」と悩んでいる22歳の女性からのご相談です。

【相談】友達が、私の嘘の噂を流していた…許せない!

どうしても許せない人がいます。
ずっと仲良くしていた女友達が、影で私の悪口を言っていたことが分かりました。
しかも悪口の内容は、私が実際にはやってないことをでっちあげた、嘘ばかり…。
私の変な噂話を聞いた別の友達が、心配して教えてくれました。
まさか!彼女がそんなことするわけがない!と思ったので、いろんな人に事実を確認しましたが、彼女が噂を広めた元凶だという証拠まで出てきました。
私に嫌なことがあるなら直接言ってほしかったし、嘘の噂を吹聴されるのは我慢できないので、彼女に話し合いを求めました。
そしたら「そんな噂話は知らない」「私じゃない」「疑ってるの?」と、逆ギレしてきたんです。
その後、私は彼女から完全無視されていて、彼女は「何もしてないのに疑われて、私は被害者だ」という話を広めているらしいです。
今は噂を信じなかった友達が一緒にいてくれるので心強いのですが、このままでは、とても悔しいです。絶対に許せません…。
どうにかしたいのですが、私はどうするべきでしょうか?(22歳 女性)

チャネリングメッセージ 悪意という「罠」

信じていた人に悪口を言われ、ありもしない噂を流され…辛く悲しかったでしょう。
「許せない」という思いが湧き上がるのも、当然です。

許す必要はありません。
許さなくて良いのです。

では、どうするべきか…?

何もしなくて良いです。
「どうにもしない」と、決意しましょう。

「何もしない」ということは、あなたにとって、かなり厳しい試練かもしれません。
でも、どうにかしたいという思いに縛られていると、あなたの中にも「悪意」が生まれてしまいます。
相手には悪意を感じますが、あなたまで悪意に溺れないようにしなければなりません。

悪意は、幸せになることを邪魔する悪魔の「罠」だと考えて下さい。

目の前に罠があるとき、前に進みますか?
進めば、必ず罠にかかります。

あなたは「罠」に引っかかってはいけません。
それ以上、先に進まない。動かない。何もしない。
悪意と向き合うには、「何もしない」ことが重要なのです。

何もしないことは、泣き寝入りとは違います。
動じない心で、いつもと変わらず、堂々としていることが大切なのです。

チャネリングメッセージ 波長の法則

『類は友を呼ぶ』という言葉がありますが、人間関係は、波長が同じもの同士が引き寄せ合う「波長の法則」に従って形成されています。

相手とあなたは、出逢った当時、少なからず同じ波長を持っており、引き寄せ合うもの同士だったのだと思います。
しかし、互いの波長がズレてくると、一緒にはいられなくなる現象が起こるのです。

あなたは、悪口や噂の事実確認をしたり、元凶の相手と直接向き合って「表舞台」に立とうとしました。
一方、相手は影で悪口を言い、事実を誤魔化し、あなたと直接向き合うことはせず「裏舞台」に隠れたままです。

表と裏に分かれた時点で、波長は大きくズレています。
あなたは「表」で生きていくことを選んだのです。
「影」で生きていくことを選んだ相手と一緒にいる意味が、もう無くなったのですよ。

チャネリングメッセージ 悪口を言う人は、自分の成長を諦めている人

悪口を言う人は、自分の成長を諦めている人です。
心に闇を抱えたまま、自分らしさを失い、ネガティブの中で生きることを選んだ「不幸な人」なのです。
そのような人は、どんなに嘘が上手くても、必ず悪意が周囲に明かされ、人が離れ、孤独になります。

人は誰しも心に闇を抱えています。
しかし、自分の闇を見つめ、学び、自分自身を模索して「幸せになること」を諦めない気持ちが、人を成長させていくのです。

あなたは「幸せになること」を諦めず、成長する人生を選びました。
だからこそ、不幸な人が、自ら、あなたの元を去ってくれたのですよ。

悪意に囚われることなく、自分を信じて堂々と過ごして下さい。
そして、今、あなたの噂話を信じること無くそばにいてくれる友達を大切にしましょうね。

ライター:Saori Yanase

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る