何歳になっても「キレイな人」が意識している4つのこと

女優さんやタレントさんだけではなく、一般の方でも年齢に比べて見た目が若く、キレイで美しさをキープし、年齢を感じさせない方がたくさんいらっしゃいますよね。
そんな方たちが意識していることをご紹介します。

ナチュラルメイクを意識する

まず見た目にもわかりやすいのがメイクですよね。
年齢とともに気になるシワやシミをコンシーラーで隠したり、ファンデーションを厚塗りしたりしていませんか?10年前と同じままのメイクではないですか?
厚く塗りすぎることでかえって老けたような印象を与えてしまうので、メイクの仕上がりは素肌感や透明感を作ることがポイント。
下地やベースを薄く乗せてお肌をカバーし、お粉やパウダーをブラシでふわっと乗せ、パールの入ったフェイスカラーを乗せることでツヤ感や立体感を引き出すことがメイクの仕上がりをキレイに魅せるコツ。

ヘアメイクやボディケアもぬかりなく

意外にも年齢が出やすいのが髪。メイクやネイル、ファッションがバッチリ決まっていても、髪がパサついていたり、カラーダメージなどで広がったまとまりのない髪よりも「ツヤのあるまとまった髪」が美人度アップのコツ。

腕や脚、首元もツルツル、フワフワの肌触りにしておくことがポイント。
美容オイルやボディローションなど心地良い香りを選び、全身の保湿ケアをおこないましょう。

規則正しい食生活や睡眠

身体そのものを作り出す食生活や睡眠はとても大切ですよね。野菜やフルーツを積極的に取り入れたり、自炊や和食を取り入れるなどしましょう。

1日7〜8時間を目安に睡眠を取り、オンとオフの切り替えをすることで疲れをリセットすることも心に余裕ができるポイントです。

充実したライフスタイル

「休日は予定が盛りだくさん」も良いことですが、窓を全開にして空気を入れ替え、外の光を取り入れて、お部屋の大掃除をしてみても良いかもしれません。
「物に溢れた生活」ではなく、「物の少ない生活」によって心に余裕やスペースができ、見た目にも表れますので、美人度がアップ。

時にはスマホから離れてみるのも一つ。情報で頭がいっぱいになり、疲れてしまってしまっていませんか?
時には身の回りの物や情報やデータなどの整理をし、シンプルな状態にすることも内面の美人度に影響があると思います。

見た目であるファッションやメイクなどのオシャレだけが美人とは限りません。心に余裕があり、ライフスタイルも充実していることでより美人度が増すのではないでしょうか?
外側の美と内側の美のバランスが取れることが何歳になっても「キレイな人」が意識しているポイントだと思います。ぜひ参考に取り入れて見てはいかがですか?

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
PAGE TOP