食べ過ぎには注意!食べ過ぎた翌日にコントロールする方法

外食や飲み会、生理前など、ついつい食べ過ぎてしまった・・と感じた時にどうしていますか?「まあ、いっか」と諦めていたりほったらかしにしていませんか?

健康のためにも、美容のためにも数々のダイエットアドバイスを行ってきた筆者が食べ過ぎた翌日にコントロールする方法をご紹介します。

リセット勝負は48時間以内に!

食べたものをすぐに消化し、排泄されれば良いですが、外食などで食べ過ぎた日の翌日はなんだかお腹に残っているような、張ったような溜まっている感覚を経験したことがあると思いますが、「食べたものが体内で消化していても排泄されていない」ここが問題です。
この残っている余分な脂肪分が体内に吸収してしまうまで48時間あると言われています。
この時間こそがリセット勝負ということです。

ですが、ここで覚えていて欲しいのは、翌日に食事を抜くのは間違いです!
この48時間の間に行うことは調整と燃焼です。

食べ過ぎた翌日に意識する食事とは?

食べ過ぎた翌日、まだ胃腸の中に残っている、溜まっている感覚があると思いますが、胃もたれしていたり、気分が悪いという場合は無理に朝食を食べる必要はありません。

食べ過ぎた日のメニューの多くはお肉や揚げ物、パンなどのピザや麺類といった炭水化物や糖質に偏っていることが多くありませんか?
食べ過ぎた翌日は炭水化物や油分を控え、不足しているタンパク質やビタミンを意識し、お味噌汁などのスープ類、豆腐屋サラダ、海藻類、フレッシュジュースや果物を取り入れることを意識しましょう。

味付けが濃い、塩分が多いものを食べた、お酒を飲みすぎたといった場合に起こるのが「むくみ」ですよね。
こういった場合、体内のミネラルが不足しがちになっているので、朝にフルーツジュースやバナナやりんご、生野菜、お味噌汁などからカリウムを取り入れ、しっかりと水分を取り、トイレに積極的にいくことがポイントです。

食べ過ぎた翌日は運動や入浴でデトックス

食べ過ぎた日の翌日はウォーキングやジョギングなどの軽い運動を行ったり、半身浴などで汗を出しながら、新たな水分を取り入れることで、体内に溜まっている不要な老廃物や水分を排泄し循環します。

運動することで食べたものを燃焼し、汗をかくことで老廃物を排泄することで体内に蓄積することを予防します。

筆者が行う食べ過ぎた翌日に行うリセット法

朝:500mlのお水を数回に分けて飲み、フルーツや生野菜、ヨーグルトを食べる。

昼:500mlのお水を数回に分けて飲み、お豆腐や海藻サラダとお味噌汁などのスープ類を一緒に食べる。
朝から昼の間にウォーキングや掃除などで身体を動かす。

夜:500mlのお水を数回に分けて飲み、お味噌汁などのスープ類、納豆やメカブ、タンパク質の取れる蒸し鶏やお野菜を食べる。
夜は半身浴をしながらストレッチやマッサージを行う。

このように、「食べ過ぎたな・・」「食べ過ぎて身体が重たいな・・」と感じる食べ過ぎた翌日は食事内容を抑え、燃焼し排泄することで48時間以内にリセットを心がけると、余分な老廃物や脂肪を溜め込まない身体になりますので、内臓脂肪やコレステロールなど健康面にも関係しますし、自身の身体のリズムを知ることにもなり、ちょっと食べ過ぎただけでもコントロールしやすくなります。

Follow me!

浄化スプレー ルカス

LUCAS(ルカス)は自然界の2大浄化成分である、ホワイトセージと水晶(水晶抽出液)を配合した、リフレッシュスプレーです。

リビングやお部屋、お店や仕事場、アクセサリーや身の回りにシュッ!とスプレーするだけで爽やかにリフレッシュしてくれます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る